ケロイド体質でも脱毛可能?サロン・医療脱毛を調べてみた

ケロイド体質は脱毛できないの?

脱毛を考える際には、体質や肌の状態というのが問題となってきます。サロンやクリニックでの脱毛は光やレーザーを照射するので、肌に少なからず負担をかけるのも事実です。例えばケロイド体質の方の場合、そのような脱毛は可能なのか、また安全に施術が出来るのか心配な方も多いかと思います。今回はケロイド体質の場合、サロンやクリニックでの脱毛が可能かどうかご説明していきます。

ケロイド体質へのサロン・クリニックの対応

ケロイド体質でも脱毛は可能なのかどうか。結論から述べますと、ケロイド体質の方でも脱毛は可能です。ただし、サロンの場合は断られてしまうケースが多いようです。というのも脱毛ではレーザーやフラッシュで肌にストレスをかけてしまうので、それをきっかけに、皮膚の変色や、炎症・火傷、はたまたケロイドが出来てしまうなど、何か肌にトラブルがあった際に、医療機関でないサロンでは適切な処置・対応が出来ないためです。

脱毛するならクリニック?

一方で、医療機関であるクリニックでは、知識のある医師の管理の下施術が行われるため、そのような肌トラブルが起きた際でも適切な対応を行うことが出来ます。そのためケロイド体質の方の脱毛の行っているクリニックは多くあります。クリニックでは、医師がその人のケロイド体質の状態やこれまでの症状などを確認したうえで、適切な知識をもって施術を行います。またケロイドがある状態でも、ケロイドの箇所をテープなどで保護してレーザーが当たらないよう、患部を避けて施術を行うことも可能です。実際にケロイド体質の方の脱毛を受け入れてくれるかどうかはクリニック次第ではありますが、対応していないクリニックでも、すでにケロイド治療を行っていて、その担当医の許可を得ている場合は、対応してくれるケースも多いようです。
また近年では、ケロイド治療に力を入れているクリニックで、医療レーザー脱毛を行っているクリニックもあります。このようなクリニックでは、ケロイド治療とレーザー脱毛を並行して行うことも出来るので、無理な施術を行うこともなく、また万が一施術後にトラブルが生じても、適切に対応してもらえます。また担当医は、ケロイド体質の方へのレーザー脱毛に特化しており、経験も豊富である場合が多いので、安心して施術を受けることが出来ます。

ケロイド体質ってどんなもの?

そもそもケロイド体質とはどのような体質の事をいうのでしょうか?まずケロイドとは、一言で言うとコラーゲンの塊です。このケロイドは、皮膚の真皮にまで到達するような深い傷と負った場合に傷穴を埋めるため生成されたコラーゲンなのですが、これが必要以上に生成されてしまい、傷がぷっくりと盛り上がったような状態になったものを指します。ケロイドができるきっかけは、近年よく見られるのがピアスホールであったり、怪我や手術であったりしますが、自然に発症することもあり、はっきりとした理由は明らかにされていません。

ケロイドの種類と原因

ケロイドの中でも、「肥厚性瘢痕」と「真性ケロイド」の2種類があります。「肥厚性瘢痕」は時間の経過とともに自然治癒するもので、症状は似ていますが、厳密にはケロイドとは異なります。「真性ケロイド」はケロイドの元となるコラーゲン生産が増殖をつづけ、自然に治ることはないと言われています。しかし一般的に多いのは肥厚性瘢痕で、真性ケロイドの発症例は比較的少ないとも言われています。そしてケロイド体質というのは、このケロイドが発生しやすい体質のことをいいます。ケロイドは特に人種によってできやすさが異なります。白人種が最も少なく、次に黄色人種が続き、もっともなりやすいのは黒人種と言われています。日本人でも色白の人、色黒の人といますが、色白の人がケロイドを発症しにくいかというと、必ずしもそういう訳でもなく、肌の色の差というのは関係がないと言われています。また遺伝の関係も見られ、ケロイドの遺伝を持つ家系は、持たない家系に比べて発症する傾向が高いです。他にも、思春期や妊娠中はホルモンバランスの影響でケロイドが悪化しやすいとも言われていますが、こういったホルモンとの直接的な関係性は明らかにされていません。

これってケロイド体質?見分け方のポイント

どのような状態がケロイドであるかというと、簡単に言うと、傷が赤く盛り上がり、いわゆるミミズ腫れのような状態であるものがケロイドです。その中でも肥厚性瘢痕と真性ケロイドの違いがあります。まず肥厚性瘢痕の場合、半年から数年以内に自然治癒していくことがほとんどです。ただし傷跡がまったく綺麗になくなってしまうということはなく、赤みが軽減して傷跡が目立たなる程度に収まります。範囲が広がっていくことはないので、症状が徐々に落ち着いている場合は肥厚性瘢痕といえます。これに対して真性ケロイドの場合、ケロイドの範囲が徐々に拡大していくのが特徴です。
これは先ほども述べた通り、要因となるコラーゲンがどんどんと生産されてしまうためです。肥厚性瘢痕と真性ケロイドの決定的な違いは、症状が進行しているか、あるいは改善しているかどうかといえます。

脱毛するときは慎重に

以上、ケロイド体質の方でも、クリニックで脱毛が行えることがわかりました。医療機関であるクリニックでは医師の管理の下、施術が行われるので、肌にトラブルのある方でも脱毛の施術を受けることが可能です。ただし、肌の状態に関して適切な判断と施術が行えるかどうかは、担当医の知識量や経験量に大きく左右されます。口コミなどを活用して、信頼できるクリニックを探すのも大事だといえるでしょう。