脱毛後の毛嚢炎は潰しちゃダメ!正しい治療法を解説

脱毛後のプツプツは毛嚢炎かも?

脱毛サロンやクリニックで脱毛してもトラブルが肌トラブルが起こることがあります。お肌にニキビのようなものができたり、ぷつぷつができたり、毛穴が点々と赤くなったりしたら、それは毛嚢炎かも知れません。毛嚢炎とは、毛穴の奥が細菌に感染して起こる症状です。脱毛後のお肌を美しく保つためには正しい知識が必要です。そこで毛嚢炎の症状、原因、治療法についてご紹介します。

毛嚢炎は脱毛後のお肌に起こりやすい肌トラブル

脱毛サロン、クリニックでの脱毛後に、ニキビのようなものができたり、お肌にぷつぷつができたり、点々と赤くなってしまったりして悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。
もしかしたらそれは毛嚢炎かも知れません。毛嚢炎の原因は、脱毛の刺激によって傷ついてしまった毛穴の奥の部分に細菌が感染して起こるものです。黄色ブドウ球菌、表皮ブドウ球菌、それら2つの最近によるものです。ニキビのような皮膚の細菌感染と考えていただくとわかりやすいのではないでしょうか。

毛嚢炎の見分け方は?

毛嚢炎の具体的な症状は、ニキビのようにぷくっと中央がふくらんだものができたり、お肌にぷつぷつができたり、点々と赤くなったりするものです。軽いものは痛みやかゆみはありませんが、少し進行するとかゆみや痛みを感じる方もいらっしゃるようです。軽いものは清潔にしていればで自然治癒することもあります。しかし、毛嚢炎は悪化すると皮膚内部にしこりができたり、できたしこりが大きくなったりすることもあります。そうならないためにも毛嚢炎について理解を深め、適切な対処、治療を行うことが大切です。

毛嚢炎になってしまったら?

美しくなるために脱毛サロンやクリニックで安全な施術をしても、デリケートな脱毛後のお肌にトラブルが起こるのは仕方のないことです。そこで、毛嚢炎になってしまったらまずお肌を清潔に保ち、しっかり保湿をするように心がけてください。毛嚢炎になってしまっても、軽いものであれば自然治癒しますので、あまり慌てずに冷静に対処することが大切です。

悪化の可能性も?潰すのはNG!!

それから毛嚢炎になってしまったら、過度に触らないようにしてください。思春期の頃、おでこや頬にできたニキビを潰してしまったことがある方は、毛嚢炎も同じように潰してしまうかも知れません。ですが、毛嚢炎を潰してしまうとニキビ痕のように皮膚表面にクレーター状の跡が残ったり、色素沈着を起こしてしまったりして、また別のトラブルを招くことになります。毛嚢炎は潰さないようにしましょう。
毛嚢炎を潰すことのリスクはそれだけではありません。潰すことにより、毛嚢炎を悪化させることにも繋がります。そして悪化すると大きくなり、内部にしこりができたり、できたしこりが大きくなったりすることもあります。そうなってしまうと簡単には治りません。場合によっては切除しなければならなくなりますので、できるだけ触らないようにしてください。

毛嚢炎を悪化させないための対策

毛嚢炎の悪化のその他の原因として、ストレスや疲れがあげられます。脱毛後のお肌は、脱毛という刺激によって疲れた状態です。心身ともにリラックスして疲れを癒すことを心がけてください。良質の睡眠を取ったり、消炎作用のハーブティーを飲んだりしてみるのもいいかもしれません。それらは毛嚢炎だけでなく、女性らしい美しさを保つためにも欠かせないことです。忙しい日常に追われている中で、ちょっとしたマイナスのできごとに出会ったとき、生活を見直してみてはいかがでしょうか。

悪化してしまった場合は病院へ

お肌にニキビのようなものができたり、ぷつぷつしていたり、点々と赤くなっていたりしても、清潔を保ち保湿をすればすぐに引いていく程度のものであれば問題ありません。
でも、これは少し違うなと思ったら皮膚科専門医の受信をおすすめします。
皮膚科ではます症状の出た部分を医師に見せます。その際に、脱毛後にどのような症状がでたのか、できるだけ具体的に伝えてください。そして医師の判断で毛嚢炎と診断されると、抗生物質の内服薬と塗り薬が処方されます。医師の指導に従って、きちんと薬の服用と患部への塗布をしてください。軽いものでは数日、そうでなければ数週間程度でほぼ完治します。普段なかなか皮膚科専門医へかからないという方も多いかと思いますが、受診することが脱毛後のお肌を美しく仕上げる最後のステップと考えてみてはいかがでしょうか。

毛嚢炎を予防するためにできること

脱毛後のお肌は脱毛の施術の刺激を受けたことによって、とてもデリケートな状態になっています。通常のお肌にとてっては何でもないことでも、脱毛後のお肌には少しの刺激がトラブルに繋がることもあります。脱毛後はお肌を清潔に保ち、しっかり保湿することを心がけてください。保湿にはお肌の乾燥を改善するだけでなく、バリア機能を高める効果もあります。清潔に保つ、保湿をする、そういった基本的なスキンケアをすることで、まずトラブルを防ぐことが重要です。

毛嚢炎は早めの対策が肝心

毛嚢炎は脱毛後のデリケートなお肌によく起こるトラブルです。毛嚢炎ができてしまったら、お肌を清潔に保ち、保湿をして、潰したり、過度に触ったりしないようにしましょう。そして、皮膚科専門医を受診してください。医師による適切な診断、対処、治療を行うことで、大きなトラブルにつながる前に治して、美しいお肌を手に入れてください。